糖尿病の予防・治療完全ガイド
誰にでもできる、はじめられる、糖尿病予防・治療のための第一歩

糖尿病性足壊疽

松葉づえの男性の画像

糖尿病は「合併症の病気」ともいわれ、様々な合併症のリスクを伴います。

ここでは、糖尿病の合併症とされる病気のうち、糖尿病性足壊疽について解説したいと思います。

小さな傷でも死亡リスクがある糖尿病性足壊疽

糖尿病性足壊疽は、糖尿病が原因で体の末端の血行や神経に障害が生じ、小さな傷が治らずに潰瘍化してしまうことで起こります。

壊疽は悪化した潰瘍の末期症状で、放置すると生命の危機にも関わるため、壊疽した部分の手前から切断手術を行うほか、治療方法はないのです。

切断手術は成功しても、術後30日以内に死亡するケースも少なくありません。その死亡率は、ヒザ下での切断で5~8%、ヒザ上での切断で8~12%にも達します。10人に1人前後が、術後1カ月以内に死亡するという恐ろしい病気です。

糖尿病性足壊疽の症状

糖尿病性足壊疽は、足にできた小さな傷ややけどなどが原因で起こることの多い病変。組織が腐ってしまうため、黒く変色して悪臭がします。

糖尿病の症状が進むと、足の感覚が鈍くなる神経障害などを起こすほか、動脈硬化による血流障害なども起きるため、潰瘍など足の病気になりやすくなるのです。

特に、靴に覆われた足は、靴擦れやタコ、水虫などのトラブルを起こしがちですが、こういった小さなトラブルが壊疽につながってしまいます。

欧米の白人に対して、日本人をはじめとするアジア人は、糖尿病の合併症による足切断率は低いと言われています。そうは言っても、日本でも下肢の切断に至る糖尿病患者が年間1万人を超えているそうですので、注意していきたいところです。

糖尿病性足壊疽が進行するとどうなる?

糖尿病の足病変を悪化させる要因としては、「透析」「視力障害」「肥満」「加齢」などが挙げられます。糖尿病で高血糖状態が長く続くと、皮膚の感染への抵抗力も低下するため、傷などが治りにくくなることが、足病変が増える原因となるのです。

壊疽が起こってしまうと、切断するしかないと言われていました。しかし最近になり、壊疽の原因となっている詰まった足の血管を拡張するという新しい治療法が見出され、状況によっては切断を回避することができるようになってきています。

このページを見た人はこんなページも見ています

人工透析

糖尿病は完治するの?

【糖尿病の予防・治療ガイド】 食事療法編

 
糖尿病の予防・治療完全ガイド