糖尿病の予防・治療完全ガイド
誰にでもできる、はじめられる、糖尿病予防・治療のための第一歩

糖尿病性腎症

疲れた男性の画像

糖尿病は「合併症の病気」ともいわれ、様々な合併症のリスクを伴います。

ここでは、糖尿病の合併症とされる病気のうち、糖尿病性腎症について解説したいと思います。

三大合併症の1つ糖尿病性腎症とは

糖尿病性腎症は、腎臓の中で中心的な働きをする糸球体が障害されてしまう病気です。

腎臓の糸球体は毛細血管の塊でできていますが、高血糖状態が長く続くと、血管が脆くなったり、膜に変化が起きたりして、ろ過機構が働かなくなってしまいます。この状態が、糖尿病性腎症と呼ばれるものです。

腎臓は、老廃物を含む血液をろ過して体外に尿として排出したり、きれいになった血液を体内に戻したりといった、極めて重要な働きをしています。この働きが失われると尿毒症となってしまい、人工透析なしでは生きていけない状態になってしまうのです。

糖尿病性腎症の症状

糖尿病性腎症を発症すると、腎臓に障害が起こり、蛋白尿が出るほか、体にむくみが生じます。初期は尿に蛋白が出るだけで、自覚症状はありません。しかし、この時期に治療を始めないと、どんどん病状は悪化していき、進行を止めることができなくなるのです。

自覚症状のないまま進行すると、今度は尿に大量の蛋白が出るようになり、血液中のタンパク質が減ってしまうために、ネフローゼ症候群といわれる状態になります。そして、自覚症状としては、むくみや疲れやすいといった症状が出てきます。

この時期には尿検査だけではなく、血液検査でも異常が見られます。さらに糖尿病性腎症が進行し、体に老廃物が溜まるようになってくると、腎不全や尿毒症という状態になり、食欲の低下や強い疲労感、むくみの悪化など、様々な症状があらわれるようになるのです。

糖尿病性腎症が悪化するとどうなる?

腎臓の糸球体が担うろ過機能は、正常時には体に必要なタンパク質が外に漏れ出ないように働いています。

腎症になってしまうと、この働きがうまくいかなくなり、大事なタンパク質などが尿として体の外に出てしまいます。これを蛋白尿といい、蛋白尿が増えてしまうと、血液中の蛋白濃度が下がり、むくみや血圧上昇を招くことに。

また、体の外へ老廃物が排出されにくくなることから、腎不全や尿毒症も起こします。老廃物など、体内の不要物を尿として排出する働きが鈍くなる腎不全を起こしてしまうと、通常の血液検査でも腎機能に異常が認められるようになってしまうのです。

さらに、糖尿病性腎症が末期まで進行して尿毒症の状態になると、人工的に老廃物や不要物を血液中から取り出す人工透析をしなければ、生きていくことができなくなります。

このページを見た人はこんなページも見ています

人工透析

糖尿病は完治するの?

血糖値が高い方のための漢方成分・田七人参を大特集

 
糖尿病の予防・治療完全ガイド