糖尿病の予防・治療完全ガイド
誰にでもできる、はじめられる、糖尿病予防・治療のための第一歩

糖尿病性神経症

靴下をはいた左足の画像

糖尿病は「合併症の病気」ともいわれ、様々な合併症のリスクを伴います。

ここでは、糖尿病の合併症とされる病気のうち、糖尿病性神経症について解説したいと思います。

痺れや壊疽を起こす糖尿病性神経症

糖尿病性神経症は、大きく分けて末梢神経障害と自律神経障害に分けられますが、糖尿病の三大合併症のうち、もっとも早期に出現する病気です。

末梢神経には、痛いや温度を感じる「感覚神経」と、手や足などを動かす「運動神経」があります。糖尿病性神経症を発症すると、まず長い神経の末梢、つまり手や足の指先の感覚神経から障害が現れてきます。

一方、自律神経は、すべての内臓や腺、血管などを支配するもの。呼吸や循環・体温調整や消化・分泌など、無意識に行われている機能を調整しているものです。これに障害が生じると、様々な症状が現れます。

糖尿病性神経症の症状

神経障害は、糖尿病性網膜症や糖尿病性腎症と同じように、高血糖の状態が長く続くことで神経が変性したり、毛細血管の障害で神経に栄養を届ける血流が低下することなどで引き起こされます。

糖尿病性神経障害の典型的な初期症状としては、両足の裏のしびれが挙げられます。

よく「素足なのに、靴下をはいているような感覚」と表現されますが、足の裏の感覚がまず鈍くなり、徐々にしびれが上の方へと広がり始めます。同様に、両手指も先端からしびれ始めます。症状が進行すると、感覚がなくなるため痛みを感じなくなり、足にけがをしていても気づかなくなってしまうのです。

たかがしびれ、と侮ってはいけません。足が腐って切断しなければならなくなる糖尿病性壊疽の多くは、神経障害によって感覚が鈍くなった足に、小さな傷が出来ることから始まるからです。

糖尿性神経症が悪化するとどうなる?

はじめは両足の痺れから始まる症状も、知覚異常が進行するにつれて、怪我をしたり炬燵などで火傷をしても気付くのが遅れるようになります。最悪の場合、小さな怪我から化膿が広がり、壊疽になるなど重大な合併症を招くこともあるのです。

血行障害や免疫力の低下によって、治癒力が弱っているところに細菌が入り込んでしまうため、感染が広がりやすくなるのも一因です。

普通なら痛くてたまらないはずの状態でも、しびれのせいで痛みを感じないため、診察を受けるのが遅れがちになります。足全体に壊疽を起こしてからようやく不安を感じ、病院を訪れたものの、時既に遅し…といった話も聞きます。

また、神経障害が進むと、運動神経や自律神経も障害を受けます。運動神経が障害を受けると、足の力が入りにくくなったり、こむら返りが起こりやすくなったりといった症状が現れるのです。

自律神経の場合は、血圧や脈拍の調節がうまくいかずに立ちくらみをおこしたり、腸管の運動に異常を来して便秘や下痢を繰り返すようになったり、膀胱が機能異常を起こして排尿ができなくなったりと、日常生活に支障をきたす症状が現れるようになります。

このページを見た人はこんなページも見ています

糖尿病性足壊疽

糖尿病は完治するの?

血糖値が高い方のための漢方成分・田七人参を大特集

 
糖尿病の予防・治療完全ガイド