糖尿病の予防・治療完全ガイド
誰にでもできる、はじめられる、糖尿病予防・治療のための第一歩

糖尿病性網膜症

女性の目のアップ画像

糖尿病は「合併症の病気」ともいわれ、様々な合併症のリスクを伴います。

ここでは、糖尿病の合併症とされる病気のうち、糖尿病性網膜症について解説したいと思います。

失明のリスクがある糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症は、糖尿病の慢性合併症のうち、目に起こるものの中で最も重視すべき合併症と言われています。一度進展してしまうと治りにくく、失明の原因にもなってしまうのです。

日本では年間3000人が糖尿病により失明していますが、その原因の第1位がこの糖尿病性網膜症によるもの。

目をカメラに例えると、レンズの役目を果たすのが水晶体で、フィルムの役目を果たすのが網膜です。この網膜が高血糖によって障害を受けることで、糖尿病性網膜症を発症してしまいます。

糖尿病性網膜症の症状

網膜には栄養を補給するために、たくさんの血管が通っています。

高血糖状態が長く続くと、この血管が脆くなったり、血管の一部に動脈瘤というコブをつくったりして、出血します。また、小さな血管が血栓で詰まってしまうことがあり、この部位に血流を補充しようとして新しい血管ができてきたりするのです。

新しく生まれた新生血管は非常に脆く、ちょっとしたことで出血を起こします。これらが進行していくと、失明に繋がってしまうのです。

糖尿病性網膜症の初期には、小さな出血や白斑と呼ばれる病変は見られるものの、ほとんど自覚症状はありません。

病状が進行すると、病変の数が増え、大きな出血も見られるようになります。そして、視力低下や視野の異常を感じ始める人も現れます。

この段階で治療しなければ進行をくい止めることが困難になるものの、この時点ではまだ自覚症状がほとんどないため、気付きにくいという実情があるのです。

糖尿病性網膜症が悪化するとどうなる?

糖尿病性網膜症の治療の基本は、糖尿病コントロールの強化ですが、それ以外にも、低血糖を起こさないようにすることが大切です。また、必要に応じて、網膜をレーザー光線で部分的に焼く光凝固療法が行われます。

症状が進行し、大出血や網膜剥離、網膜の前にある硝子体の混濁などが出現した場合、治療は極めて困難となり、失明の危険が差し迫ってきます。完全失明をくい止めるために行われる硝子体手術などもありますが、確実に失明をくい止める方法はありません。

糖尿病性網膜症は、初期に自覚症状がないまま、徐々に進行する場合が多い病気。重篤化を避けるためには、糖尿病コントロールはもちろんのこと、自覚症状が出よりも早い段階で定期的に眼底検査などを受けて早期発見につとめることが大切なのです。

このページを見た人はこんなページも見ています

糖尿病で懸念される合併症一覧

糖尿病は完治するの?

血糖値が高い方のための漢方成分・田七人参を大特集

 
糖尿病の予防・治療完全ガイド