糖尿病の予防・治療完全ガイド
誰にでもできる、はじめられる、糖尿病予防・治療のための第一歩

田七人参とは

様々な健康効果により注目されている田七人参とはどんなものなのでしょうか。まずは特徴や歴史について解説したいと思います。

いま注目の田七人参とはどんなもの?

血糖値のコントロールに役立つ田七人参

田七人参は、中国の雲南省の海抜約1500m~2000mの限られた地域で生育するウコギ科の多年草。古くから雲南省で「金不換」(金では買えないもの)と呼ばれ、秘薬として重宝されてきました。

この田七人参は、薬用に用いられる根の成長に3~7年ほどがかかります。和名でサンシチニンジン(三七人参)といわれるのは、このためです。

成長する間に土地の栄養を根こそぎ吸い取ってしまうため、収穫した後10年間は雑草も生えないほどに土地がやせ細ってしまうとも言われるほど、強いパワーを秘めた植物です。

この田七人参には、植物の根・茎・葉などに含まれている配糖体の一種であるサポニンが多く含まれています。他にも、アルギニンやフラボノイド、ビタミン、ミネラルなど、多くの栄養成分が含まれており、これらが複合的に作用することで、様々な健康効果を発揮すると言われます。

黒褐色で石の塊のように硬く、大きいものほどサポニン量が多く含まれているようです。

田七人参の歴史

田七人参は、16世紀頃の中国の漢方書に登場するほど、中国では古くからその効果が認められていました。

中国の医書「本草網目拾遺」の記述では、高麗人参が「補気第一、精がつく」と記されているのに対し、田七人参は「補血第一、力があふれる」とあります。高麗人参は「気」、田七人参は「血のめぐり」に働きかけるとされていたようです。

16世紀末には、中国での需要が一気に高まり、野生の田七人参が乱獲されるようになりました。このことから栽培化が進められ、明朝末期~清朝初期にかけて栽培化が発展したといわれています。

なお、日本で田七人参が使われるようになったのは、昭和30年代に入ってからのこと。江戸時代には高麗人参がすでに使われていたのに対して、田七人参は中国からの国外輸出が禁止されていたためです。

歴史的な背景から、日本での知名度は高麗人参に比べて低くなっているものの、栄養価や効能では高麗人参をしのぐともいわれ、徐々に注目を集めるようになってきています。

田七人参を摂取する場合の注意点

田七人参については、大きな健康被害や副作用の報告はありませんが、有効成分の含有量が高い分、胎児や乳児に影響を与える可能性があるため、妊娠糖尿病の方は、事前に医師へ相談するようにしてください。

また、現在一般的な漢方薬・サプリメントに使用されている中国産の田七人参には、多量の農薬が使用されている場合が多いです。体への影響もさることながら、田七人参自体の効果も薄まる可能性が高いため、有機栽培にこだわったものを摂取するのが重要だといわれています。

ただし、有機栽培の田七人参は非常に貴重です。この点が明記されているか、しっかりと商品を見極めるようにしてください。

▼有機栽培の田七人参のサプリメントを探すならココから▼

このページを見た人はこんなページも見ています

田七人参に含まれている成分とその働き

田七人参の血糖値にかんするエビデンス

 
糖尿病の予防・治療完全ガイド