糖尿病の予防・治療完全ガイド
誰にでもできる、はじめられる、糖尿病予防・治療のための第一歩

アルコールを飲んでもいい?

ビールのコップの画像

ここでは、糖尿病とアルコールの関係や、お酒を飲む際に気をつけたいことなどをまとめてみました。

糖尿病とアルコールの関係

糖尿病の原因として、アルコールが関係している場合があることはご存知でしょうか。

アルコールが膵臓を破壊してアルコール性膵炎を引き起こすと、インスリンを分泌する膵臓の細胞を壊してしまうことがあります。これが糖尿病の原因となります。

日本酒1升で約1800kcalといった具合に、アルコール自体にもかなりのカロリーがあるため、大量に飲酒すると、カロリーも過剰に摂取することになってしまいます。これも、糖尿病が起こりやすくなる要因です。

また、糖尿病が引き起こされてしまうと、内服薬を飲みながら飲酒を続けること自体にもリスクがあります。低血糖発作を引き起こす危険があるからです。

糖尿病になったらお酒は飲めないの?

糖尿病になると、「お酒は飲んではいけない」というイメージがありますね。確かに、アルコールは血糖値に影響を与えます。しかし糖尿病でも、お酒とうまく付き合っていく方法はあるのです。

お酒は「百薬の長」などと呼ばれるように、飲み方によっては健康に役立ちます。少量のアルコールには、血管内にできる血栓を溶かす作用があるというデータもあるほど。

糖尿病の重大な合併症である、脳こうそくや心筋こうそくなどのリスクを下げることもできるというわけですね。この場合の「少量」というのは、1日30mlと言われています。

お酒に換算すると、

ビール 大瓶1本
ワイン グラス1杯
日本酒 1合
ウイスキー シングル水割り2杯

が基準になるようですね。

仕事上の付き合いで避けられないこともあると思いますし、少量のアルコールはストレスを和らげる効果もあります。

摂取量に十分注意しながらであれば、ある程度は飲酒してもOK。ただし、アルコール摂取をする場合には、下記条件を満たしている必要があります。

  • 食事療法や血糖値のコントロールが安定してできている
  • 体重の管理に成功している
  • 糖尿病の合併症や、飲酒制限のある病気を併発していない
  • 高血圧、動脈硬化を併発している場合でも、度合いが軽度である
  • 飲酒量の限度を越えない自制心がある

この条件を満たさない場合には、アルコール摂取は避けたほうが無難です。医師ともしっかり相談して、自分の体に対して理解を深めておきましょう。

このページを見た人はこんなページも見ています

糖尿病に良い飲み物

血糖値にかんするエビデンス

血糖値が高い方のための漢方成分・田七人参を大特集

 
糖尿病の予防・治療完全ガイド