糖尿病の予防・治療完全ガイド
誰にでもできる、はじめられる、糖尿病予防・治療のための第一歩

カロリー計算など基本的な考え方

キッチンの画像

糖尿病食とはどんなものなのか?

物足りないのではないか?

などと心配をされている人もいるかもしれません。

糖尿病食の考え方

そこで、ここでは、糖尿病食についての基礎知識をまとめてみることにします。

はじめにお伝えしておきたいのは、糖尿病食は何も特別な食事というわけではないということ。バランスのよい健康食こそが、糖尿病食に求められるものになります。

糖尿病の悪化を防ぐには、正しい食習慣を身につけ、過食や偏食をせずに規則正しい食事をすることが何よりも大切です。

どの食べ物がよい、悪いということよりも、栄養バランスのとれた食事を1日3回規則正しくとり、長く続けるということが基本になってきます。

ただし、合併症がある場合は、医師の指示に従うこと。食事の内容に制限や注意が必要になってくることもあるので、注意が必要です。

カロリーの計算方法

糖尿病食として心がけたいのは、適正な体重を保ちながら、日常の生活に必要な量の食事をするということ。

エネルギー(カロリー)摂取量は、性別、年齢、肥満度といった身体的条件や、日常生活・スポーツによる身体活動量、血糖値、合併症の有無などのデータをもとに、医師により決定されます。

人によって適正なカロリーは異なりますが、通常、成人男性では1400~1800キロカロリー(kcal)、女性では1200~1600キロカロリー(kcal)程度となります。

なお、成人のエネルギー摂取量算出の目安は、標準体重×身体活動量で算出します。計算方法は下記の通りです。

標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

身体活動量の目安(体重1kgあたり)

【軽労作】デスクワークが主な人・主婦など 25~30kcal
【普通の労作】立ち仕事が多い職業 30~35kcal
【重い労作】力仕事の多い職業 35kcal~

例えば、身長160cmで軽労作の人の場合、身体活動量28kcal/kgとすると、標準体重は1.6(m)×1.6(m)×22=56.3kg。

1日の適正エネルギー摂取量は、56.3(kg)×28(kcal)=1576 約1600kcalとなります。

血糖値を急激に上げるのを防ぐ食べ方とは

糖尿病食では、エネルギー摂取量のコントロールが重要になりますが、他にも大切なことがあります。それは、「一気に血糖値を上げるような食べ方をしない」ということ。

血糖値を安定させるためには、毎日の食事の時間と量を、極力一定にするよう心がけなくてはいけません。

仮に1日2食にした場合、1回当たりの食事量が増えて食後の急激な血糖の上昇につながったり、空腹の時間が長くなることによって栄養素の吸収が増し、体脂肪がつきやすくなったりするなどのリスクが生じるためです。

「朝抜き、昼そば、夜大食い」は、悪い食事の典型的な例とも言われています。

指定されたエネルギー量の中で、体に必要な栄養素をバランスよくしっかりと摂ることを心がけながら、生活リズムも整えていくことを意識していきましょう。

このページを見た人はこんなページも見ています

おすすめメニュー
&レシピ

血糖値が気になる方のための田七人参を大特集

糖尿病に良い食べ物

 
糖尿病の予防・治療完全ガイド