糖尿病の予防・治療完全ガイド
誰にでもできる、はじめられる、糖尿病予防・治療のための第一歩

HbA1cの基準値

ひらめく医師の画像

ここでは、糖尿病に密接に関わるHbA1cについての基礎知識をはじめ、HbA1c正常値や年代別平均値について解説していきたいと思います。

HbA1cって一体何?

HbA1cは、「ヘモグロビンA1c」という言葉の略称で、血糖値の通知表のようなもの。糖尿病の検査結果から自分自身の血糖状態を知る上で、重要な数値の1つなんです。

ヘモグロビンという言葉は、聞いたことがある人も多いと思います。これは、赤血球のに含まれているタンパク質の一種。酸素と結合して、全身に送る働きをしています。

実はこのヘモグロビン、血液中のブドウ糖と結合する性質も持っていて、結合したものの一部分がHbA1cと呼ばれているんです。

赤血球の寿命4か月程度で、その間に血管の中をぐるぐる回りながら酸素を運んでいるわけですが、その時に、血液中にある余分なブドウ糖と次々に結合していきます。

つまり、糖尿病により血液が高血糖な状態が長く続くと、ヘモグロビンが結合するブドウ糖の量も多くなる=HbA1c値が高くなるということになるのです。

血糖値は常に変化していますが、HbA1cは濃度が安定しています。ですから、HbA1c値を調べることで過去1~2か月の血糖の平均的な状態がわかる、というわけなんです。

HbA1cの正常値はどれくらい?

というわけで、血糖値の高さがHbA1cの値と密接に結びついているということがお分りいただけたかと思います。

正常な人であれば、HbA1c値5.8%(NGSP値6.2%)以下とされています。

これ以上の数値になると、高血糖状態が続いていた=糖尿病ということになり、数値が8.0%(NGSP値8.4%)を超えた状態が長く続くと、様々な合併症を起こすと言われています。

【検査で行われるHbA1cの正常値判定基準】(NGSP値)

  • 6.2%未満…優
  • 6.2~6.9%未満…良
  • 6.9~7.4%未満…可・不十分
  • 7.4~8.4%未満…可・不良
  • 8.4%以上…不可

2012年4月から、HbA1cに関しては世界基準となるNGSP値が採用されています。

それまではJDS値という日本独自の数値を採用していました。しかしこれは、NGSP値より0.4%少ない数値になるので、自分に当てはめる時には、どちらで表記されている数値結果なのかをまず確認してみてください。

血糖値は常に変化しているため、検査時に血糖値が下がっていたとしても、HbA1c値が上がっていた場合は、検査の日にたまたま下がっていただけで、実際はこの1~2か月の状態はあまり血糖状態が良くなかった、ということなんです。

逆に、検査時に血糖値が上がっていたとしても、HbA1c値が下がっていれば、ここ最近は比較的状態が良かった、ということになります。

HbA1cの値は、長い目で自分の体がどのようになっているかを見ていくために必要なもの。

検査では血糖値の項目だけを見て一喜一憂するのではなく、HbA1c値にも注意を払っていってくださいね。

このページを見た人はこんなページも見ています

血糖値にかんするエビデンス

【糖尿病の予防・治療ガイド】 食事療法編

血糖値が高い方のための漢方成分・田七人参を大特集

 
糖尿病の予防・治療完全ガイド