糖尿病の予防・治療完全ガイド
誰にでもできる、はじめられる、糖尿病予防・治療のための第一歩

セルフチェック

カルテを見ている医師の画像

糖尿病には1型と2型があります。中でも、患者の約95%を占める2型糖尿病は、生活習慣病の1つ。

暴飲暴食、運動不足、ストレスなどのライフスタイルの乱れや、遺伝による要因が病気を引き起こす主な原因となっています。

糖尿病のリスクをセルフチェックで確認!

ここでは2型糖尿病の基準をもとに「糖尿病になりやすいかどうか」のチェック項目を紹介します。自分が糖尿病になりやすい状況かどうか、まずはセルフチェックで確認してみましょう。

糖尿病のリスクが高いのはこんな人

  1. 食べる量が多い
  2. お酒をよく飲む
  3. 脂っこいものや甘い物を好んで食べる
  4. 喫煙する習慣がある
  5. 食事や就寝時間が不規則
  6. 運動をする習慣がない
  7. 肥満
  8. ストレスが多い
  9. 妊娠中、尿糖が出たことがある
  10. 家族や親戚など、血縁者に糖尿病の人がいる

あなたの点数:

チェックリストの結果を見てみよう

チェックリストの結果はいかがでしたか?

当てはまる項目が多い人ほど、糖尿病になるリスクや危険度が高くなります。該当した点数による危険度は次の通りです。

0点

糖尿病になる危険度はかなり低いと言えます。ただし、生活習慣の乱れなどにより、今後危険度が上がる可能性も。今の生活習慣を維持するように心がけましょう。

1~4点

今は糖尿病になっていなくても、近い将来糖尿病になる危険性があります。食生活やライフスタイルを見直し、適度な運動習慣を身につけましょう。

5~9点

いつ糖尿病になってもおかしくないほど危険な状況です。できるだけ早めに病院に行き、詳しい検査をすることをお勧めします。

10~12点

すでに糖尿病になっている可能性があります。早急に病院で詳細な検査してください。合併症を併発している可能性もあるので、放っておくとさらに危険な状態を招きかねません。

糖尿病は、早期発見・早期治療を行うことで合併症の発症率も低くでき、身体が元気な状態を保つことが可能になります。

逆に、気づいていても病院に行かずに放置してしまうと、糖尿病が進行し、厳しい食事療法と運動療法、そして薬物療法を受けることになってしまいます。また、命にかかわるような合併症を併発するリスクも高まります。

少しでも糖尿病の疑いがあると感じたら、簡単な血液検査だけでも判定可能ですので、病院に足を運ぶようにしてくださいね。

このページを見た人はこんなページも見ています

病院で受けられる糖尿病の検査・診断

糖尿病予備軍てどんな人?

血糖値が高い方のための漢方成分・田七人参を大特集

 
糖尿病の予防・治療完全ガイド