糖尿病の予防・治療完全ガイド
誰にでもできる、はじめられる、糖尿病予防・治療のための第一歩

薬物療法

薬が集まった画像

ここでは、病院で行われる糖尿病の治療方法のうち、薬物療法で処方される薬の種類や副作用などについて解説したいと思います。

糖尿病の治療薬ってどんなもの?

糖尿病治療のために処方される薬には、インスリン分泌量を高める薬や、インスリン抵抗性を改善する薬、体内に不足しているインスリンそのものを補うインスリン注射薬など、様々なタイプがあります。

病状に合わせて1種類〜数種類を組み合わせて用いることになります。使用前に、薬の作用や特徴を理解し、正しく服用・注射をするように意識していく必要があります。

経口血糖降下薬の種類と副作用

糖尿病の薬物療法では、インスリン注射だけでなく、血糖値を下げる飲み薬(経口血糖降下薬)も使用されます。これらには様々な種類があります。それぞれの特徴は次の通りです。

スルフォニル尿素薬

作用と特徴

食前30分前または食後に服用することで、すい臓のβ細胞に働きかけ、数時間にわたりインスリン分泌をうながし、血糖値を下げる作用があります。

空腹時の血糖値をよく下げるという特徴があり、経口血糖降下薬で、最も多く使われている薬です。

副作用

服用後に食事を取らなかった場合に低血糖を起こす可能性があります。

また、インスリン分泌が増えてブドウ糖を効率良く利用できるようになると、体重が増えることも。

ビグアナイド薬

作用と特徴

食後に服用します。肝臓で糖が作られる働きを抑制し、筋肉などでのブドウ糖が利用されやすくして、血糖値を下げる作用があります。

スルフォニル尿素薬に比べると血糖値を下げる力は弱いものの、体重が増加や低血糖を起こすリスクも低い薬です。

副作用

低血糖や、胃腸障害、乳酸アシドーシスなどの副作用を起こす可能性があります。

なお、この薬のみで治療する場合は、低血糖を起こす可能性は少ないとも言われています。

α-グルコシダーゼ阻害薬

作用と特徴

食事の直前に服用することで、小腸でのブドウ糖の分解・吸収を遅らせることができ、食後の急激な血糖値の上昇を抑えます。

食前の血糖値はそれほど高くなく、食後に血糖値が上がりやすい患者に適した薬です。

副作用

お腹の張りやおならの増加・低血糖といった副作用があります。この薬のみで治療する場合は低血糖のリスクは低くなりますが、低血糖を起こした場合はブドウ糖の摂取が必須となります。

速効型インスリン分泌促進薬

作用と特徴

服用後短時間だけ作用する薬で、スルフォニル尿素薬と同様に、膵臓のβ細胞に働きかけてインスリン分泌を促します。食後の血糖値が高い人に適した薬です。

副作用

服用後30分以内に効果があらわれるため、食事をとらずにいると低血糖を起こす可能性があります。

チアゾリジン薬

作用と特徴

インスリン抵抗性改善薬とも呼ばれ、食後に服用することで、脂肪や筋肉などがインスリンの効果を受けやすい環境に整えてくれます。血液中のブドウ糖が利用されやすい状態にして、血糖値を下げる作用があります。

副作用

低血糖を起こす可能性が低い薬ですが、患者によってはむくみ・肝障害・体重増加などの症状が出る場合があります。

DPP-4阻害薬

作用と特徴

小腸から分泌されるインクレチンというホルモンに作用する新薬。インスリンの分泌をうながすホルモン「GLP-1」の働きを活性化します。血糖値の高い時のみ、1日1回使用します。

副作用

低血糖・胃腸障害の副作用がありますが、この薬のみを使用している場合には低血糖は起きにくくなります。また、️スルフォニル尿素薬に見られるような体重増加は特に起こりません。

このページを見た人はこんなページも見ています

血糖値が気になる方のための田七人参を大特集

【糖尿病の予防・治療ガイド】 漢方・サプリ

【糖尿病の予防・治療ガイド】 食事療法編

 
糖尿病の予防・治療完全ガイド