糖尿病の予防・治療完全ガイド
誰にでもできる、はじめられる、糖尿病予防・治療のための第一歩
糖尿病の予防・治療の完全ガイド » 糖尿病の種類とそれぞれの原因

糖尿病の種類とそれぞれの原因

辞書で調べる女性の画像

糖尿病には糖尿病患者のほとんどを占める2型糖尿病以外にも様々な種類があり、発症に至るまでの原因も異なります。ここでは、それぞれの原因と症状を解説したいと思います。

糖尿病の種類と発症の原因を調べました

糖尿病の種類ごとに改善方法も調べてみました。糖尿病は、一度発症すると一生付き合っていかなくてはならない病気ですが、合併症のリスクを少しでも減らし、健康に長く過ごせるように、情報を役立てていただければ嬉しく思います。

1型糖尿病

自己免疫性疾患などが原因で引き起こされるとされ、生活習慣の影響とは無関係に発症するとも言われています。発症の原因も、現在まで詳しくはわかっていないのが実情です。 

1型糖尿病についてはコチラ≫≫

2型糖尿病

日本における糖尿病患者の約95%を占めるといわれる糖尿病の種類です。主に肥満や運動不足、食べ過ぎなどの生活習慣が発症の原因をつくると言われています。 

2型糖尿病についてはコチラ≫≫

妊娠糖尿病

妊娠中、体内環境に変化があらわれることにより発症するタイプの糖尿病です。出産後は改善されるといわれますが、胎児への様々な影響や出産リスクが生じます。 

妊娠糖尿病についてはコチラ≫≫

小児糖尿病

乳幼児にも見られ、10~15歳が発病のピークとなる1型糖尿病のことを指します。発症の原因など、不明な点が多く、生活習慣などには関係なく発症すると言われています。

小児糖尿病についてはコチラ≫≫

 
糖尿病の予防・治療完全ガイド