糖尿病の予防・治療完全ガイド
誰にでもできる、はじめられる、糖尿病予防・治療のための第一歩

妊娠糖尿病

母親と赤ちゃんの画像

糖尿病には、様々な種類があり、種類によって原因や症状、改善方法が異なります。

ここでは、妊娠糖尿病について解説していきたいと思います。

妊娠糖尿病ってどんな病気?

妊娠糖尿病は、妊娠中のみ血糖値が異常となる症状です。

妊娠糖尿病にかかった場合、胎児に先天異常が起こるリスクが高くなりますが、妊娠初期から血糖値を正常に保つことで、通常の妊娠と同じ程度までリスクを下げることができます。

早産や羊水過多・妊娠高血圧症候群の頻度もが高くなるなど、様々なリスクを負う形になり、また胎児が巨大児になりやすいため、難産になることも多くなってしまうのが特徴。

一般的に、症状は出産後に改善されますが、糖尿病をもともと患っていたものが妊娠をきっかけに発覚する場合もあります。そのため、妊娠糖尿病と診断されたものの、分娩後も糖尿病が治らないといったケースもあるそうです。

妊娠糖尿病の原因とは

妊娠糖尿病は、妊娠中に増加するホルモンであるhPLやエストロゲン、プロゲステロンなどがインスリン抵抗性を悪化させるために起こる病気。必ずしも生活習慣に問題がある妊婦だからなるというわけではありません。

通常時、卵巣で作られるエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンは、妊娠中は胎盤で作られるようになります。

通常とは違う状態で体が働くために、体内のインスリンの働きが減ってしまうことが、妊娠糖尿病の原因の1つとされています。また、胎児へブドウ糖を送る必要があり、体が余分なブドウ糖を欲しがる状況にあるということも、妊娠糖尿病が生じやすくなる原因と考えられているのです。

他の要因としては、胎盤でタンパク分解酵素が作られるために体からインスリンが分解されてしまうことや、妊娠によるホルモン・代謝の異常など、通常時とは異なる体の変化も関わっているとされています。

妊娠糖尿病の改善方法

妊娠糖尿病と診断された場合、食事療法と毎食後の血糖値の計測をして様子を見ることになります。

食事療法は、1日の摂取エネルギーを1600kcalに抑え、味付けを薄めにするといったもの。また、血糖値を上がりにくくするため、食事回数を6~7回に分けるなどの工夫も必要です。

食事療法と合わせ、インスリン療法と運動療法も行うことになりますが、妊娠中期以降は効きにくくなり、血糖値も高くなりやすくなります。そのため、妊娠の時期に合わせてインスリンの量を調整していくことになります。

安定期に入った後は、ウォーキングなどの運動も積極的に日常生活に取り入れていくと良いでしょう。ただし、網膜症や高血圧などの症状がある場合は、運動によって症状が悪化することも。医師と相談の上、改善・治療を進めていくことが大切です。

このページを見た人はこんなページも見ています

【糖尿病の予防・治療ガイド】 食事療法編

インスリン注射

小児糖尿病

 
糖尿病の予防・治療完全ガイド