糖尿病の予防・治療完全ガイド
誰にでもできる、はじめられる、糖尿病予防・治療のための第一歩

糖尿病は完治するの?

青空の背景にコスモスの花の画像

糖尿病は、一度発症すると治らない病気と言われていますが、web上や体験談などをまとめた書籍では、完治したという話も多く記載されています。

本当のところはどうなのでしょうか?

糖尿病発症のメカニズムをおさらい

糖尿病の治療としては、食事療法と運動療法による血糖値コントロールが基本です。これで効果がない場合には、飲み薬やインスリンなどを使用します。

一度糖尿病になってしまうと、どんどん高血糖になっていく体内環境に変化してしまうので、それを様々な方法で抑え込もうと努力していくことになるのです。

糖尿病発症のメカニズムは、摂取するエネルギーが消費エネルギーを上回ることから始まります。

摂りすぎて余ったエネルギーは脂肪として体に蓄積されていきます。蓄積されすぎる前に運動などで大量に消費できれば問題にはなりませんが、基礎代謝が低下してくると、消費できるエネルギーよりも、体に脂肪として溜まっていく分が多くなってしまいます。

このようなことが続くと肥満になるわけですが、この状態になると、血管内でインスリンの働きを抑える指令が出され、血液中のブドウ糖の濃度が濃くなっていきます。そして、この状態が長く続くとブドウ糖を処理するために、膵臓のβ細胞がインスリンを大量に作り始めます。

そのうちにβ細胞が疲弊し、死んでいきます。この状態が糖尿病といわれる状態です。

このまま放っておくと次々にβ細胞が死んでしまい、最終的には体内でインスリンが作れなくなってしまいます。ここまでいくと既に合併症も発症して透析なども行わなければいけなくなってきます。

そもそも完治は可能なのか?

上記のメカニズムから考えても、完治するというのは極めて困難…というよりも、細胞が死んでインスリンが作れなくなっているため、完治はあり得ません。

ただ、糖尿病予備軍といわれる境界型糖尿病の段階で踏みとどまることができれば、完治は可能と言われています。

将来的に再生医療が発展した場合には、死んでしまった膵臓のβ細胞を回復できる可能性があるかもしれません。しかし、現時点では不可能です。

現在効果的と言われている治療としては、β細胞が弱っているだけで死滅していないうちにインスリン注射を行うものがあります。

ただ、糖尿病のタイプや体質にもよるため、主治医と相談しながら治療を進めていくことが必要です。

 
糖尿病の予防・治療完全ガイド