糖尿病の予防・治療完全ガイド
誰にでもできる、はじめられる、糖尿病予防・治療のための第一歩

どうして運動が必要?

走る人の画像

ここでは、糖尿病の改善のために運動療法がよいとされる理由を解説していきたいと思います。

糖尿病には運動療法がいいって本当?

運動療法は、食事療法、薬物療法と並び、糖尿病治療に有力とされている手段です。とくに日本人の糖尿病患者の9割以上を占める2型糖尿病に有効とされています。

血糖コントロールが安定している人が食事療法とともに運動療法を行った場合、血糖を下げることができるほか、糖尿病の様々な症状が改善できます。また、動脈硬化の予防などにも効果があることが実証されているのです。

とはいえ、すべての糖尿病患者に運動療法が適しているというわけではありません。合併症を発症し、進行している場合には、運動することでかえって病状を悪化させてしまうこともあります。

何をどの程度行うのが効果的なのかを正しく理解し、適度な運動を上手に生活に取り入れることが大切です。

運動療法で血糖値が下がるワケ

運動療法には、血糖値を低下させたり、肥満を解消したり、糖尿病患者がかかりやすい血管合併症を予防・抑制する効果があります。運動療法の効果やその理由について、下記に簡単にまとめてみました。

血糖を下げる効果

運動をする際に、体を動かすエネルギー源として血中のブドウ糖(血糖)が使われるため、運動をすると血糖を下げることが可能。この効果は翌日まで続きます。

また、運動を定期的に行うようにすると、筋肉や脂肪などの細胞がもともと持っている「ぶどう糖や脂肪をエネルギーに変換する」という能力がアップします。

その分、体内で必要とするインスリンの量が少なくなるため、膵臓の負担軽減にも役立つというわけです。

肥満の解消・予防効果

運動時には、体についた脂肪もネルギー源として使われます。そのため、運動を定期的に続けることで体脂肪を減らすことができ、肥満の解消につながるのです。

また、血中の悪玉コレステロールを減らすこともでき、動脈硬化を予防する善玉コレステロールが増えていきます。

その他の効果

心臓や肺の働きを高める効果や、足腰などの筋力強めることによるアンチエイジング効果・血液の循環をよくして血圧を下げる効果など、身体的な能力向上に役立つほか、ストレス解消効果も期待できます。

また、運動療法を続けることで体力がつくため、体の動きが楽になり、日常生活が快適になるというメリットもあるのです。

このページを見た人はこんなページも見ています

運動をはじめる前にすべきこと

おすすめの運動方法

【糖尿病の予防・治療ガイド】 食事療法編

 
糖尿病の予防・治療完全ガイド