糖尿病の予防・治療完全ガイド
誰にでもできる、はじめられる、糖尿病予防・治療のための第一歩

オリゴ糖

オリゴ糖の粉の画像

ここでは、糖尿病にいいと言われる「オリゴ糖」について、特徴や、血糖値との関係について解説します。

オリゴ糖ってどんなもの?

まず誤解を解いておきたいのですが、オリゴ糖は砂糖ではありません。糖尿病だから糖分を控えた方が良いと考えて、「糖」という字のつくオリゴ糖まで避けている人が少なくないようです。

実際には、オリゴ糖自体は消化されにくい性質のため、血糖値を上げることはありません。つまり、糖尿病の人が摂取するのに気を付けなければいけない糖分ではないのです。

むしろ、オリゴ糖は糖尿病患者が積極的に食べたい栄養素の1つ。

オリゴ糖には腸内のビフィズス菌を増やしたり、水分を吸収したりといった働きがあります。食事の前に摂取すると、体内に入ってきた食品の水分を吸収するため、消化がゆっくりになり、血糖値の上昇を抑えることに役立つのです。

最近では、砂糖を一切使わず、オリゴ糖のみを使ったヨーグルトや飲料なども販売されているので、ぜひ食卓に取り入れてみてください。

オリゴ糖の成分と血糖値への働き

オリゴ糖には、腸内の善玉菌(ビフィズス菌)を増やす効果があります。腸内細菌バランスの安定していない赤ちゃんや幼児、ストレスなどにより腸内細菌バランスの崩れた人の腸内環境を整えることで、便秘改善に役立つと考えられているのです。

また、腸内環境が整うことで、体の免疫力が高まり、アレルギー症状の緩和につながるとも言われています。さらに、腸内環境が整うことでミネラルの吸収力が高まり、カルシウム・鉄・マグネシウムといった、ミネラルが摂取しやすくなるのです。そのため、骨折や貧血の予防にも効果が期待できます。

さらに、オリゴ糖には血中コレステロール値を低下させる働きも。オリゴ糖を含む食品は、粘度が高まり、ねばねばとした食感になります。このねばねばに包まれた食品は、消化を受けにくくなるという性質があるのです。

また、余分な脂質やコレステロール・胆汁酸を吸着して対外に排出するという働きがあります。

血糖値だけでなく、血中コレステロール値まで低下させることができるため、ダイエットや糖尿病にも効果があると言われているのですね。

このページを見た人はこんなページも見ています

甘いお菓子は食べられる?

血糖値の基準値

田七人参

 
糖尿病の予防・治療完全ガイド